スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


 
  • 2014.03.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

T.M.Revolution・SCANDAL/Count ZERO・Runners high

久々の大ちゃんの新曲(。・ω・。)ノ゙
とウキウキしていたCD。
T.M.R自体も久々のMステの出演とか、プロモーションでかなり聞きこんだ新曲だったりします。
 
その割に週遅れ購入ですが(ノД`)
 
初回盤と通常盤で購入を悩んでいたのですが、今回DVDにPVが収録されてないので、通常盤に心が……
週遅れで買いに行ったので、初回盤が残ってなくて悩む必要もなかったんですけどねorz
その代わり通常盤の初回特典、ステッカーはちゃんと入っているものをGETできました。
写真はこれしかなかったので手に入ってよかったよー。
SCANDALの4人はもちろん……西川さん格好よかったです。
 
で、楽曲の方は、
『Count ZERO』自分的にはもうちょっと派手なサウンドが好きかなぁ、と(accessはかなり好きにやっていると思うからそれと比べると)
でも、安定を考えれば抜群だよね。
BASARA楽曲に共通した『和』っぽい感じも入っていて。統一感あって好きです。
そして公式サイトで試聴した時より、音がすごく綺麗だった!!
最近、やっぱりDiscの方が綺麗だなぁ、と思うことがあるのですが、この曲もそうでした。
 
『Runners high』もサビの出だしとか元気出る感じで好きです。
試聴段階ではすごく可愛いなぁ……と思っていたのですが、全体で聞くとそうでもない感じ。
 
T.M.Rは去年から企画物(水樹奈々ちゃんとのコラボとか)が続いているけれど、こちらもそれを機にいろいろなアーティストを聞く機会が出来て幅が広がっていくので、すごくいいなぁ〜。
今回もSCANDALという幅が広がって大満足なのでした。
 

Count ZERO/Runners high~戦国BASARA4 EP~ Count ZERO/Runners high~戦国BASARA4 EP~
T.M.Revolution SCANDAL T.M.Revolution SCANDAL

ERJ 2014-02-11
売り上げランキング : 1442

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


 

入野自由/E=mc²

入野君のCDは激しくリピートしているわけではないので、ちょこっと「どうしようかな?」と悩むのですが……毎回タイトル曲の前向きさに手を出してしまいます(^^;)
タイミングもいいし。
今回も『Bing Bing Knight』の雰囲気に「これは今買わないと!」と予約。
……が、遅くて、危うく手に入らなくなるところでした。
タイミングあってよかったー。(特典も全て入れてもらいました)
今回アニメイト特典のブロマイドがアルバムとはイメージも衣装も違って「おやっ?」って感じでした。法人によって写真が違う(ハズな)のでわざとかもしれませんが、統一感ある方が好きだったなぁ。
 
楽曲は、やっぱり1曲目の『Bing Bing Knight』は背中押してくれるような感じでよかったです。フルで聞くと一つ筋が通っていてすごくイイ!!
あとは『さらば、君よ』も、タイトルや詞とは対照的に明るい感じで、前向きな別れの曲って感じで好き。(『夢が叶うまで さらば、君よ。』とか)
あとは定番の最後の曲が1曲目に負けないくらい前向きで「よしやってやろう」って気持ちで聞き終われる感じ。
全体的に「前向きさ」が目に付いたアルバムかなぁ、と。
あ、今回は「ノリ」が売りな曲は目(耳?)につかなかった気がします。
あれはあれで好きだけど、今回は手堅く来てよかったです(^^)
 
E=mc2 E=mc2
入野自由

Kiramune 2014-02-18
売り上げランキング : 1421

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


 

柿原徹也/Cheers!!

  • 作詞:leonn 作曲・編曲:宮崎 誠
     
    勢い任せ、そして後からものすごく後悔をすることが多いのですが……
    「きっとこういう気持ちもすぐに忘れて、後から後悔するんだろうなぁ」
    と思いながら聞くのがこの曲。
    どういうことかと言うと
    『誰かがいるから みんながいて
     みんながいるから 僕たちがいる』
    という、人の縁とか、それに感謝する気持ち。
    もうその根本である『みんながいるから 僕たちがいる』っていう気持ちをすぐに忘れてしまうなぁ、と。
    あとは2番の
    『Let's Cheers 涙に その痛みに ため息に
     こうやって笑い合えば結果 All right そうだろ?』
    の詞。
    これ……分かっているけれど乗り越えられない(と思っていた)辛い時に忘れちゃうんですよね。
    すっごく明るい曲調なのに、重たい感想書いてしまってスミマセン。
     
    曲調はメチャクチャ明るいです。
    それこそ『歓呼』とか『乾杯』とか弾けた感じ。
    多分、普通に人との出会いを『感謝』する曲なんだろうなぁ、と(^^;)
    明るくパーティ的に。ワーイって感じなんですけど。
    でも、人との出会いに感謝するって結構重たいことだと思うし、それが出来る人って本当にすごいなぁ、と思うのです。
     
  • ミニアルバム(6曲目に収録)
    Call Me Call Me
    宮崎誠 柿原徹也

    Kiramune 2013-03-13
    売り上げランキング : 114603

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
       
    あと、もうすぐ卒業の時期なのですが、別れを悲しむんじゃなくって、こういう風に『みんな』と出会えたことを喜ぶとまたちょっといい卒業式になるかと。
    学校に出入りは出来なくなるけれど、友達とか先生とか『人』との繋がりはなくなるわけじゃないので。
    (ここ強調。切るのも簡単だけどね。今はツールも増えているし)
    このアルバムは全体的にそういう、繋がりを大切にする曲が多いと思います。
     
  • 参加しています!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


     

    入野自由/DICE

  • 作詞:左近健之 作曲・編曲:森慎太郎
     
    予約が遅れて、発売日に手に入らない可能性があった入野自由君のミニアルバムが手に入ることになりました\(^o^)/
    引き取りに行かねばっ!!
    ……と意気込んでいるうちに気持ちが入野君の曲へ。
    で、がっつり聞いたのが2回目感想のこの曲です。
    多分、1回目と大差ない感想を書く気がするのですが(^^;)
    やっぱり好きなのは
    『無力さに膝をつきかけ ピリオドを打ちかけたけど
     このままで終わることなんて カッコ悪すぎるだろ』
    の部分。
    ここ2年近く、新しいことにチャレンジして……いえ、チャレンジさせられてきたのですが(半ば強制的に)我武者羅にやってきた自分の気持ちって本当に
    『このままで終わることなんて カッコ悪すぎるだろ』
    って気持ちだったなぁ……と。
    逆にそういうことがあったのを思い出して「だから大丈夫だよ!」って気持ちになれる(これまた半ば強制的ですが)のは前、聞いた時とは変わったかなぁ。
    自信を持つための曲に変わったというか……。
     
    変わったと言えば、
    『理想を語るばかりでは 先になんて進めないと
     守りたいものができて今 ようやく分かったから』
    の詞のとらえ方。
    確かに前も好きだったのですが、今は……こういう気持ちになりたい、と。
    頭では分かっていても、まだ未熟で、感情で動いてしまうんですよね。
    大人になってもみんなこんなもんかなー、と思っていたのですが、この1年くらいに出会った自分と同年代の人たちはみんな『守りたいものができて』大人になっていった……もう感情だけで生きる年ではない、という人たちばかりで、自分もそうなりたいなぁ……と思うようになったのです。
    『右も左も分からない 暗闇かもしれないけれど
     ひとすじの光を見つけ きっと たどり着いてみせる』
    の詞も……そうなりたい、そうしたい、という気持ちが強くなりましたし。
    2、3年前とはちょっと違う気持ちで……でも、突き進む気持ちは忘れたくない。
    そんなことを思わせてくれる曲なのでした。
     
  • アルバム(4曲目に収録)
    vivid vivid
    入野自由

    Kiramune 2010-10-19
    売り上げランキング : 125219

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
     
    入荷したミニアルバムも早めに取りに行きたいな♪
    これはどうしても仕事とかいろいろな予定と合わせないといけないけど(^^;)(他のCDもまだ買いに行けてないのです(T_T))
    E=mc2 E=mc2
    入野自由

    Kiramune 2014-02-18
    売り上げランキング : 18721

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
     
  • 参加しています!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


     

    KOTOKO/SHOOT!-KOTOKO ver.-

  • 作詞:KOTOKO 作曲:八木沼悟志 編曲:齋藤真也
     
    オリジナルは可愛いし、元気いっぱいになれるので大好きなのですが、これはこれでアリだなぁ、と最近思う楽曲。
    どうしても、可愛さや……幼さ(^^;)はオリジナルの方が出ているのですが……
     
    ラップがすごい!!
     
    と思うのがこのバージョン。
    電波ソング歌っていた時からKOTOKOさんの合いの手に魅了されてきた(笑)自分ですが、もうここは、オリジナルとは全然違って、感情入りすぎっていうか、可愛すぎ。
    カラオケでの見本……にするにしても難易度上がりすぎ(笑)
    他の全体的なアレンジを始め、前奏や間奏に入っている
    『growing my determination
     don't give up! and do your best!』
    とかのフレーズなど、クールというか格好よく仕上がっていたり、Aメロのちょっと俯き加減の詞の部分は、しっとりと歌い上げていて全体的に『大人っぽい』感じ。
    特にサビなんかは、本当にオリジナルと対照的なイメージで、『!』が入っていてもどことなくしっとりなのに。
    (これはボーカルが5人から1人に変わっているので、コーラス的にもアレンジ的にも違うとは思うのですが)
    なのに、ラップ部分がすごく元気良くて、KOTOKOさん相変わらずすごいなぁ、と。
    そして自分も
    『食っちゃえ! ぐっじょぶ! 常識吹っ飛ぶ 夢への跳躍
     超ダンクシュート!!!』
    の勢いで元気に行きたい!!
    なんて気持ちになるのです。
     
    2ndシングルの『Get goal!』もまた何かの機会にカバーしてもらえないかなぁ、とちょっと期待しています(^^;)
     
  • アルバム(7曲目に収録)
    空中パズル(通常盤) 空中パズル(通常盤)
    高瀬一也 KOTOKO

    ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-11-19
    売り上げランキング : 6090

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
     
  • 参加しています!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


     


    search this site.

    profile

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    categories

    archives

    selected entries

    links

    recommend

    recommend

    recommend

    Preserved Roses
    Preserved Roses (JUGEMレビュー »)
    T.M.Revolution×水樹奈々,T.M.Revolution,水樹奈々

    recommend

    recommend

    recommend

    others

    mobile

    qrcode

    PR