スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


 
  • 2014.03.11 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Lia/Light colors

  • 作詞:麻枝准 作曲:折戸伸治 編曲:高瀬一矢
     
     
    この曲、しばらく聞いていなかったのですが……あぁ、何で放置していたんだ!!
    CDを買った時も『名曲』って思ったのに。
    あらためて聞いてブックレット見てみれば、このメンバーで作れば、それは『名曲』だし、『鳥の詩』に続いてそのピュアさに泣かされるなぁ、と。
    (個人的には、『鳥の詩』は切なさ、『Light colors』はピュアさに泣かされると思います。……うーん、自分がピュアでないからかもしれませんが)
    特にくじけそうな時にお勧めです。
    この曲を久しぶりに引っ張り出した時(ってここ2、3日の話なのですが)正直、自分の過去を振り返って泣きそうになってしまったほど。
    『プリズムを通した世界も色も褪せ
     こんな灰色にすべて埋もれても
     僕ならばできる たとえひとりだって
     世界をまた塗りかえてみせるよ』
    もちろんそんなこと出来るわけない、って思うのですが
    『プリズム』を通しても『世界』が色褪せて見えるのには共感できるし、それを『塗りかえて』みせるだけの力を持っていたらなぁ……とは思うのです。
    『世界』っていうのは、もう本当に小さく、自分の身近とか、見える範囲だけでも……
    「あの人いいなぁ」
    なんて思わず、自分のいる環境をありがたく思える、そんな人間になりたいなぁ……。
    と思う部分で共感できるのです。
    そういう意味では1番のAメロ歌い出しの詞もすごく共感できるかも。
    でも何より、この『プリズム』からのフレーズのLiaさんの歌声の広がりがすごくきれいで……ここに魅せられているんですよね。
    これだけ綺麗な歌声を出せるのはさすが折戸さん、Key、って感じです。
     
     
  • アルバム(2曲目に収録)
    I've Girls Compilation vol.8 「LEVEL OCTAVE」 I've Girls Compilation vol.8 「LEVEL OCTAVE」

    I've
    売り上げランキング : 476

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

     
    *I'veの高瀬さんがアレンジに参加されているのでカテゴリーはI'veにさせていただきました。
     

参加しています!
ブログランキング・にほんブログ村へ
1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


 

Larval Stage Planning/♠-the GAME-

  • 作詞:桐島愛里 作曲・編曲:高瀬一矢(ギター:尾崎武士)

    すっごく寒い日が続いてますが……雪降らない地域で本当によかった、と思ったこの2日。
    降っている地域の方には申し訳ないのですが、私、寒さに本当に弱いので。
    (昔は着れば大丈夫、と思っていたのですが、最近は内臓が冷えてしまって気持ち悪いやら何やら……)

    と関係ない話しましたが。
    温かいお部屋で、iPodの整理しながらこの曲聞いていました。
    昔はMELL様とかじゃないとこの雰囲気は出ない!! とか思っていたけれど、LSPは3人のコーラスでその重みを出していて、デビュー時の『可愛い系』の楽曲より好きだなぁ、なんて思いながら(^^)
    多分ね、可愛い曲は声優さんのユニットとか「こんな声出るのか!?」っていう人たちが歌っているし、強味をもっと強調したサウンドで売り込みすると良いと思うの。
    ……って上から目線ですみませんm(__)m
    プロはそんなこと見抜いてますよね(^^;)
     
    その格好よさ、3人ボーカル強いなぁと思うのが、大サビ前の
    『-Wake up from just a dream-
     数えきれない機を 越えて』
    のハモり。
    こういう広がっていく感じは高瀬さんのアレンジとしては、過去楽曲でもあったと思うけれど、これは本当に広がりが綺麗で格好いいなぁ、と。
    もうここ本当に好き。
    公共交通機関通いだったらここだけ戻して聞いちゃうんだろうなぁ。
    (よく駅に着く前にテンションあげるために、一番いいところだけ聞くとかやっていたのです。結構いいですよー。曲の雰囲気で職場入れるので)
    この曲は最後の英詞の部分も同じ理由で好きです。
     
    やっぱり高瀬さんのサウンドいいなぁ、と思った1曲なのでした。
     
  • アルバム(1曲目に収録)
    LSP LSP
    Larval Stage Planning

    ランティス 2013-11-05
    売り上げランキング : 31540

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
     
    *文中『♠-the GAME-』は環境依存文字を使用しています。(タイトル先頭にスペード記号)
     
  • 参加しています!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


     

    KOTOKO/WING OF ZERO-the ring-

  • 作詞:KOTOKO 作曲・編曲:高瀬一矢
     
    久々に……戦闘系の楽曲キターっ!!
    前作のアルバムにはPCゲームタイアップの曲が入っていなかったんですよね。
    ……正直、ゲームタイアップの楽曲の方が好き。。。
    I've楽曲、最近あまりリピしないんだよなぁ……なんて思っていたのですが、
     
    ホント、すみませんでした。
     
    すごくツボ。
    こういうI'veの曲聞きたかった。
    全体的にKOTOKOさんらしい『戦う女子』的な内容で好き。
    でも全力(というか全詞)で戦っているわけではなく、Bメロで
    『何故 僕らは
     ”ここにいる”だけじゃ物足りなくて
     奪い合ってしまうんだろう?』
    と少し弱気になるところはすごく共感できるし(2番のBメロもすごくいい)、その次のサビで
    『走れ!誤解したままで良い』
    とBメロを弱さを肯定するような内容があって……今の不安とか抱えたまま走って行ってもいいのかなぁ、と。
       
    あと
    『ゼロから始まる未来』
    の『ゼロ』の歌い方とか。
    ここのインパクトがまずリピするきっかけだったんですよね。
    サビにアクセントがついていて、より戦う感が増していて好きなのです。
     
    アレンジは特に「ここが好き!」という箇所はないのに、安定していて、やっぱり高瀬さんの楽曲いいなぁ、と。
    I'veもいろいろとスタイルが変わっているけれど、ベースとなるこういう楽曲は少しずつでも残していってほしいなぁ……。
     
  • アルバム(2曲目に収録)
    空中パズル(通常盤)空中パズル(通常盤)
    高瀬一也 KOTOKO

    ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-11-19
    売り上げランキング : 1249

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
     

  • 参加しています!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


     

    川田まみ/SQUARE THE CIRCLE

  • 作詞:川田まみ 作曲・編曲:高瀬一矢
     
    長かったお盆休みも終了。
    ……本当に長かったなぁ……会社行く気がなくなるorz
    でも、行かないわけには行かないので(苦笑)今日はガッツリ戦闘態勢に入れる楽曲を選んで聞きました。
    KOTOKOさんとか、水樹奈々さんとか、May'nさんとか……それにまみさん。
    ガッツリ、ハードロック系な曲とか、アニメのOP曲とか選んだのですが、その中で外せなかったのがこのアルバム……の中でもこの曲。
    久々にガツンと来る楽曲を作ってくれたなぁ、というのが第一印象だった曲です。
    KOTOKOさんが卒業。MELLさんが新曲を発表していない現状としては、こういう曲、歌って(さらに似合うの)まみさんだもんね(^^;)
    (LSPの3人娘のソロ活動をあまり知らないので、そこで歌いこなす子いるかもしれないけれど……)

    Aメロ、Bメロは静かな感じ(でも後ろ……アレンジで低音とか攻撃的なサウンドが息をひそめていて)、サビでその攻撃的な部分がボーカルにも現れる。
    ……っていうのは、よくある流れなのかもしれないけれど、やっぱり高瀬さんのサウンドはその『攻撃性』がすごく好きだなぁ、と。
    (特に後ろに行けば行くほど)
    サビの最後が
    『破り捨てるんだ』
    『燃やしてるんだ』
    という言葉で終わるところとか。メロディや歌い方とあっていて……ちょっと投げやりに聞こえる感じが好き。

    アレンジはやっぱり攻撃性が好きなのですが、最後、一気に音量が上がってブチッ(?)と終わるところが潔いというか、次へ繋がる感じで好き。
    やっぱりアルバムは曲順にこだわりを持ってほしいし(ベストは順番通りとか規則性持ってくれる方がありがたいですが(^^;))次の『No buts!』があぁいうノリの曲なので、やっぱりちょっと乱暴な感じの終わり方が合うなぁ、と思うのです。
    正直言って、前奏のギターも、Aメロ、Bメロに潜んでいる攻撃的な音も……どれも好きなのですが、この終わり方が全部「最高!」って感情を持っていてくれているなぁ、と(><)

    こういう曲を求めるってどこか病んでいるか、荒んでいるのかなぁ、と思うのですが……デジロック……その中でもダークというか攻撃的なものを求めてしまいます(^^;)
    ただ荒んでいるとか、叫んでいるとか、攻撃的じゃなくって、ひそかに闘志を燃やしているような感じの詞の曲とか。(ここで終わらないぞ、って感じの)
    仕事始まってしばらくは、こちらのアルバムをリピしそうです(^^;)
     
  • アルバム(1曲目に収録)
    SQUARE THE CIRCLE 〈通常盤〉 SQUARE THE CIRCLE 〈通常盤〉
    川田まみ

    ジェネオン・ユニバーサル 2012-08-08
    売り上げランキング : 1280

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools
     
  • 参加しています!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


     

    川田まみ/Borderland

    • 作詞:川田まみ 作曲:中沢伴行 編曲:高中崎伴武矢
       
      自分がI'veと出会う前と、出会ってからでは、『アニソン』のイメージは大分変わったけれど、最近になって今度は、『I've』のイメージが変わったなぁ、と。
      『鳥の詩』や『Shooting Star』のようなイメージの曲が、I've Soundって思っていましたからね。
      最近、改めてそれらの曲を聞くと
      「あれ? こんなに大人しかったっけ?」
      と(苦笑)

      最近のI'veのイメージと言えば……この曲のような、ハードで、ロックな感じ。
      ギターをかき鳴らすような楽曲だったり、デジタルだったり。
      ……でも、個人的にはこういう楽曲の方が好きで、結果オーライだったんですけどね(^^;)
      詞も何かと戦って、それでも前を向いて歩いていくような感じで、それも好き。
      『負けたくはない でも傷つきたくもない』
      とか、すごく共感できるし。
      (今、すごくそういう感じ。でも負けたくないから戦うんだけどね)
      あと、これは共感……あんまりしちゃいけないかもしれないんだけど。
      『思い出は枷』
      『優しさは仇』
      『憎しみは糧』
      のフレーズ。
      これは前向きじゃないし(^^;)あまりこういう気持ちになっちゃいけないんだろうけど……今はこれくらい自分をキツく戒めないと負けてしまいそうなのですごく共感してしまうのです。

      なんていうか……周りに足引っ張られているので。
      (ほぼ全員敵……って状況の場所があるのです。それ以外の友達のお陰で何とか負けずにいられるんだけど)

      タイトルの『Borderland』に『どっちつかずの領域』の意味がある、っていうのもいいなぁ、と思えたし。
      何かに属するのが苦手な自分としては、こういう生き方いいなぁ……とちょっぴり羨ましくも思えるのです。
      (サビの詞とか)

      とりあえず、しばらくは、自分を戒めるため、そして負けないために聞く応援歌になるかなぁ、と思います(^^;)
       
    • シングル
      Borderland TVアニメ「ヨルムンガンド」OPテーマ<通常盤> Borderland TVアニメ「ヨルムンガンド」OPテーマ<通常盤>
      川田まみ

      ジェネオン・ユニバーサル 2012-05-30
      売り上げランキング : 2415

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools
       

    参加しています!
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    1日1プッシュ応援お願いしますm(__)m


     


    search this site.

    profile

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>

    categories

    archives

    selected entries

    links

    recommend

    recommend

    recommend

    Preserved Roses
    Preserved Roses (JUGEMレビュー »)
    T.M.Revolution×水樹奈々,T.M.Revolution,水樹奈々

    recommend

    recommend

    recommend

    others

    mobile

    qrcode

    PR